14歳の男が見たこと

ナンパや恋愛、本、人間関係を通して学んだこと

やりたいことがわからない

f:id:ebitaro46:20160606211900j:plain

 

 

やりたいことがわからない。

自分が好きだと思ったこともどれも中途半端で嫌になる。

何かを極めた経験はない。

空いた時間を何に使ったらいいかなんて分からなくて、ただ生きている。

今の俺には何もなくて空虚が目の前に広がっている。

 

 

 

大学時代美女に振られて、何かを変えようとダンスサークルに入ったことがあった。

ダンスなんて未経験だったけど、ブレイクダンス出来たらカッコいいよな、特技ができたら自己肯定感得られそうだよななんて思ってブレイクダンスの班に入ってみたことがある。

最初は楽しかったんだけど、練習漬けの日々に嫌気が差して結局3ヶ月で辞めた。

俺はただ遊びたかったからだ。自由にね。

それから暫く経ってスカウトのアルバイトを始めた。

友人に誘われたからだ。

当時の自分にとって夜の世界なんて何も知らなくて、でも未知の世界だからこそ何か得られるかもしれないと思って思いっきり足を踏み入れた。

童貞卒業出来るかもしれない、彼女出来るかもしれない、お金いっぱい稼げるなんて夢のようだ。

 

俺が今まで避けてきたカネや女に汚くてたまに暴力に訴えかけて来そうな狡猾な人間たちと敢えて関わることで何か変わるかもしれないなんて思った。

 

そんな淡い期待に胸を寄せて始めた。

歩合制の仕事でただ歌舞伎町の路上で通り過ぎる女性に只管声を掛け続けた。

 

カネと女、自らの欲望にギラギラした人間たちを見てきた。

だけど自分は欲望よりも目先の楽さに走って、あんまり稼げなかった。

働きたくないし、業務に必要な事も覚えようとしなかった。何故か大学卒業までやったけど。

 

スカウトのアルバイトをやっている傍ら定収入が欲しくてアルバイト探しもした。

だけどどこも受からなくて、たまたま声をかけられたホストのスカウトに乗ってホストのバイトもした。

けど結局それも性に合わなかったからかすぐに辞めた。

 

スカウトもホストも確かにその先に俺が求めるカネと女ってのがあるはずなのに頑張れない。

 

ダンスの時と同様である。

 

何故俺は欲しいと思うものに対して頑張れないのか

 

分からなくて、今取り敢えず生きてる。

 

でも欲しいものが手に入らない今は間違いなくつまらない。

 

そしてナンパを始めた。

1年経った。結構出てるかもしれないけど、なんかどこかルーティーンだとか覚えるのめんどくさいし、てかマインド変わらないし、経験人数は一人から八人になったけど一年でこれかよみたいなw

 

しかもブスしか即ってない。

 

俺が変わるにはナンパしか思いつかないと思って始めたのにそのナンパですら投げ出してしまいそうだ。

 

勿論ナンパを投げ出したところで、次何に時間を使ったらいいかもわからない。