14歳の男が見たこと

発達障害、人生、恋愛やナンパを通して学んだこと

仕事が決まった

f:id:ebitaro46:20180602114300j:plain

やっと仕事が決まった。

 

結局俺は障害者枠での就活を諦めて、一般枠での就活に切り替えた。

 

切り替えたのは今から遡って僅か2週間前の出来事だ。

 

俺はこの2週間の間フリーターしつつ就活していた。

 

人生どのタイミングで転機が訪れるか分からない。

 

切り替えてから決まるまでがあまりに早く自分自身驚いている。

 

史上最速で仕事が決まった。

 

大学生の時も一年かかったし、一昨年の転職でも五ヶ月かかり、去年は四ヶ月やっても決まらず中断した。

 

条件も申し分ないところに決まった。最後の賭けに出たがそれが功を奏した形になった。

 

未経験でも専門性のあるスキルを身につけることが出来る仕事につくことが出来た。

 

とにかく嬉しい。今は死にたい気持ちが20%程度に落ち着いている。

 

仕事が落ち着いたら是非ともナンパもぼちぼち再開してそっちの方でもブログを書き残したいと思っている。

 

女遊びは向いていないが彼女作りにはもっとテクニックや余裕など学びの面で大きく成長する必要がある。

 

男は女と違って上に立たなければならない。

 

どんなに男女平等と謳われようと、この国では女は自分より優れた男を求めるのだから。

 

女より稼ぎ、女より余裕をもつ必要がある。

 

やるしかない。

 

俺の人生にスポットライトを当ててくれ。

www.youtube.com

 

 

嫌というほど

f:id:ebitaro46:20180527180235j:plain

 

 

まだ疲れている。

 

就活を4月から始めて今月内定が1つ出た。

 

正式にそこに行くことはまだ決めてない。

 

出勤時間が早い点に躊躇している。おまけに長い。

 

取り敢えず一社だけ書類選考の結果を待っているところと一社結果を待っているところがある。

 

散々だった一年が障害を隠して就活した結果その場で内定が出て拍子抜けして、アルバイトも始めて生活リズムが変わりつつある現状に疲れている。

 

2日間連日バイトを休んだ。目まぐるしく変わる日々や増えていく体重とお金がない現実にメンタルをまた崩した。

 

酒量が増えた。

 

お金を返すと言った詐欺ネット回線屋は中々電話に出ないので返金なんてされないんだろう。

 

俺は足元を見られていたんだ。

 

自分にとってあたかも得があるように言ってきた人たちの甘い言葉に騙されてお金も自尊心もその都度削られていった気がする。

 

変わりたい、現状を打破したい、周りを見返したい。

 

そんな気持ちにつけこむ輩の存在を知った。

 

下剋上の気持ちこそが今まで俺を生かしてくれた気がしたけど、これじゃ続かないってことを学んだ。

 

下剋上でもなくて誰かに憧れるでもなくて、自分のできる範囲を知ってその中で、自分がなりたい大人像に向かって歩いていくことにした。

俺は群れない男になりたい。一人がサマになってる男だ。

俺は弱い人間だからこそ群れたくない。

 

弱い人間が群れたら余計弱くみえる。

もっと言うとダサく見える。


でも

この先不安で仕方がない。

 

障害を隠して働くから病院に行っていた時間はこれから中々取れないだろう。

 

どうなっていくのか。また繰り返すのだろうか。

 

ネットで見る意見からはこんなのネタだろwって逃げることが出来る。逃げる先はリアル。

 

でもリアルからはどうあがいても逃れることは出来ない。一番残酷なのはいつだって現実だ。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2018年5月27日

 

取り敢えず生きている。

 

生きていたくはないけど生きてる。

やっぱり

f:id:ebitaro46:20180506184511j:plain

今の自分の価値観がどこに影響されたものなのか

 

それは本当に自分の内から出た願望なのか

 

俺はまだまだ行けるとどこか信じているからなのか

 

よくやってる頑張ってると言われることもあるけど、どうしても働いていない、貯金もない、来月27になるのに何もない自分をどこか認められない。

俺には生きてるだけで価値があるなんて考えは出来ない。

 

確かに自分自身は立場が無いなりに社会復帰に向けて何度も何度も心療内科(精神科)へ足を運び、今の自分を苦しめているモノは一体何なのか原因を突き止めて対策を考えたり、自分の欠点を長所として考えてみたり視野を広げる努力もした。

 

障害者としての就活も出来るように手帳を取得したり、バイトしたり、職安に行って仕事探しも始めた。

 

でも人から褒められるような分かりやすい指標としての数字が欲しい。

今はそれは年収かな。

 

そして自分の中の理想像を考えた時にその理想からあまりにかけ離れた今の自分がいる。これがどうしても許せない。

 

結果が欲しい。

 

俺には近づきたい男がいる。どうしても。今は歯切れ悪くなってるから近づきたいとする。

 

なりたい男に褒められるまでは自分を認めることが出来ない気がする。

 

優しい言葉を聞きたい今の状況だけど、何かしっくりこない。

 

お前はまだまだだとかなりたい男に言われたほうがしっくりくる。

 

でもいつかヤツに認められたい。

 

ゴールデンウィークが終わる。

 

仕事を探そう。

 

 

ヤツを信じるな

泣きっ面に蜂とはこのことだ。

 

俺はその日確かバイトを終えて疲れて帰ってきた。

 

家にかかってきた一通の電話

 

NTTの委託を受けて電話をかけてきたようだ。

 

光コラボとか料金が1000円安くなるとか言っていた。

 

日々の生活に疲れていたのか何故かその話を鵜呑みにしてそのネット回線屋と契約してしまった。

 

それからというものの数千円高いネット利用料の請求書が毎月届いている。

 

ネットでその事業者名を調べたときには既に遅くて詐欺業者とか悪名が蔓延っていた。

 

それから何とかして違約金なしで解約することには成功したが、使った月の分の料金は払えとネット回線にしてはありえない額の請求に苦しんでいる。俺は今何もしてないから払えない。

連絡が来る度に頭が痛くなる。

 

 

そんな折ふと大学二年生の時の話を思い出した。当時友人だったAからかかってきた「この学生団体の合宿に来ればお前は変わる」

 

俺はその時学生生活に不満を持っていて何か足りないと思っていた。

夏休みなのに予定もない生活をしている自分に不満を持っていた。

 

費用は3泊4日で7万だった。スカウトのバイトでたまたまお金があった俺は参加することにした。

 

どうやらその合宿の趣旨は参加者との様々な共同作業を通じて夢を見つけるとかいうものであった。

 

正直終止何をしているのかよくわからなかったし夢なんて見つかるわけもなかったし、何が変わったのかも分からなかった。意識の高そうな大学生たちが皆、口を揃えて、綺麗事と美辞麗句を並べ立てて、屈託のない胡散臭いくらいの笑顔に塗れていて違和感しか無かった。

 

合宿を終えてからしばらく経って参加メンバー同士でパーティーが行われて、それには行ったがそれ以来彼らとは会ってないし連絡もとってない。

 

何も残らなかった。

 

今思えばボンヤリしている学生どもが開催しているその裏に自己啓発系の仕事でメシを食ってる大人が来ていた。はいはい。全てが分かった。

 

 

 

俺いつも騙されてるなって

 

認めたくないけどその都度カネを奪われているなと。

 

自分が疲れていたり、日々の生活に不満を持っているところに誰かが声を掛けてくるんだ。

 

自分がADHDで衝動性で動いて、人を疑うこともロクにしていないなって事が事前にわかっていればこんなことにはならなかったのかなって思う。

 

ボケは何回も鈍器で殴られないと気づかない。

 

唯一都内で信じている占いでも、不幸の原因は自分が出せない、人に何言われるかが怖いから言えないことだと言われた。

 

ある友人は優しいってのは心が弱い人間のことだと宣った。

 

下衆にはなれないかもしれないけど、自分の本当の気持ちに素直に従って生きなければならない気がする。このタイミングで。

 

それと人が悩んでいる時に甘い言葉を囁いてくる他人の言葉はもう信用しないことにした。

仕事が欲しい

仕事が欲しい

 

仕事が欲しい

 

 

知っている人が自殺をしたと知った。

 

詳細は知らないけど小耳に挟んだ話を聞いた感想は

 

「そんなことで死ぬなよ。」

 

でも本人にとっては深刻だったんだ。

 

そんなことが現実にあったんだ。俺の知らない所で。

 

俺は今も焦る気持ちが止められない。

 

だが神は「まだ早い」と宣う。

 

ただ俺は仕事が欲しい。

 

 

長く健康的に働いて好きなことしたい。

 

そうだ。このブログでもナンパについて書きたいな。

 

いつになるんだろう。

知らないけど

知らないけど

 

 

社会に適応できないならいっその事このままの自分でいられるような所を探せば良いのかなって思った。

 

このままでは俺は埋もれるし自分で命絶つしかないのかも。

 

俺はこのままの俺を何かの手段で誰かに伝えたい。

 

何も持ってない社会のクズが自分の人生をありのまま伝えられる手段ってなんだろう

 

 

近況の愚痴

f:id:ebitaro46:20180204222902j:plain

 

 

2018.2.4

取り敢えず死ぬのが怖いから生きてる。理性は死にたくてたまらない。

 

あまりに報われない日々が続くからいつ死ぬか分からない。だから遺言のように最新記事をこうして書く。

 

去年の11月にとある病院の精神科にて心理検査を受けた。wais3とかロールシャッハテストといったようなモノを受けた。

何故受けたかというと、元々俺はメンタルが弱く気分の波があり頻繁に落ち込み、気になることから中々気を逸らすことが出来ずに引きずりやるべき事を放棄してきた。

 

高校時代は一時期学校に行かなくなった時期もあったし、大学時代はバイトを休んだ。

社会人になってからは女に振られたショックだったりで仮病を使ったり、転職して二社目でも中々上手く行かない日常に嫌気が差し酒に溺れ出社拒否を起こした。

 

一昨年は不安神経症、去年は適応障害などといよいよメンタルの弱さが笑えなくなった。

 

去年も中々仕事が決まらないことから来る情けなさ、お金がないことによるストレスのはけ口の無さからリストカットも何度もした。

そこでちょくちょく悩み相談的に使っていた保健センターにて勧められた病院に通院する過程で受けることになった。

 

結果としてADHDの疑いがあるということがわかった。

症状としては慢性的な気分の波や仕事などでのケアレスミスの多発、注意関心の調整の困難(気になることから関心を背けずにいられない。興味のないことには全く関心が示せず集中出来ない)だ。

 

その検査の中にIQの項目があったがその結果からも動作性IQが平均よりも低く、運動ができないことや数学が出来ないことなど、自分が出来なかったことが出来ない理由が判明した。

 

出来ないから周りから責められるし、自分でも自分を責めていき、段々と自信を失くしてきて今の自分がある。出来ないことだらけの自分の日常に嫌気が差し、基本的にほとんどの日は気分が悪い。

 

今自分はどうすればいいのか。どう生きていけば良いのか分からない。

 

グレーゾーンにいる俺は。

 

才能はない、資格もない。大した職歴もない。カネも女も。

 

今全てを失っている。

 

ただ週に3回のアルバイトをこなしてあとは憂鬱になりながらこうしてパソコンやスマホをいじるだけだ。正直趣味はない。

 

ここからどう生きていけばいい。